卵子の凍結

Egg Freezing

女性は一生のうちに400~500の成熟した卵子を排卵します。毎月排卵される卵子は約1つで、23~29歳の時が卵子の質が最良です。この期間は女性の妊娠適齢期とも呼ばれています。

一回で採取する卵子の必要量は?

年齢と凍結する卵子の量は比例します。35歳以下は10個、35~38歳は15個、39~40歳は20個、40歳以上は少なくとも20個の採卵をお勧めします。適切な数量は個人の状況に応じて異なります。

卵子凍結に適した年齢は?

臨床事例に基づくと、35歳前の女性の卵子は融解後の出生率が比較的高く、38歳以上になると卵子の質が明らかに低下し始めます。したがって卵子の凍結を計画されている女性は、35歳までに行うことをお勧めします。

b.分頁_胚胎冷凍270x330px 冷凍卵子 01
b.分頁_胚胎冷凍270x330px 冷凍卵子 02
b.分頁_胚胎冷凍270x330px 冷凍卵子 03
b.分頁_胚胎冷凍270x330px 冷凍卵子 04

治療に適した対象者

精子の凍結

Sperm Freezing

男性の精子の質や数は、年齢による影響を比較的受けません。精子があればすぐに実行可能です。精子の凍結は、卵子の凍結に比べて容易に行えて成功率も高くなっています。

精液の凍結は何回必要?

2回以上の凍結をお勧めします。融解後は人工授精や体外受精を行うことが可能です。

融解後の精子の生存率は?

凍結した精子の融解後の生存率は約60%です。ただし融解後に1つでも生存していれば、顕微授精を通じて人工授精を行うことが可能です。

b.分頁_胚胎冷凍270x400px 冷凍精子 01
b.分頁_胚胎冷凍270x400px 冷凍精子 02
b.分頁_胚胎冷凍270x400px 冷凍精子 03

治療に適した対象者

胚の凍結

Embryo Freezing

現在の体外受精技術では、まず胚を凍結して適切な周期に移植を行うことを推奨しています。

凍結が胚の質に与える影響は?

液体窒素(-196℃)の低温冷凍の安定した環境下で胚を保存します。保存期間の長さは胚の質に影響しません。過去の臨床事例結果で証明されています。凍結した胚を通じて生まれた赤ちゃんは、発育状態や健康に影響はありません。

冷凍した胚と新鮮な胚はどちらが良いですか?

排卵促進時に血中ホルモン濃度の上昇により、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が引き起こされると胚が着床しづらくなります。人工生殖技術を進める場合、まずは胚を凍結後、子宮の休養と回復を待ってから融解した胚を移植することで着床率を上昇させます。

b.分頁_胚胎冷凍270x340px 冷凍胚胎 01
b.分頁_胚胎冷凍270x340px 冷凍胚胎 02
b.分頁_胚胎冷凍270x340px 冷凍胚胎 03
b.分頁_胚胎冷凍270x340px 冷凍胚胎 04

治療に適した対象者